プライバシーポリシー

スマホdeタッくん » 個人に係る情報の取得と利用(プライバシーポリシー)

個人に係る情報の取得と利用(プライバシーポリシー)

  1. I.当協会は利用者が配車依頼をする際、次の個人に係る情報を尋ねます。
    • ・アプリ識別情報
    • ・カナ氏名
    • ・電話番号
    なお、アプリ識別情報とは、アプリのインストール時に作成する識別情報のことです。これはOS固有の ID、国際移動体装置識別番号(IMEI)、国際移動体加入者識別番号(IMSI)、MACアドレス等のスマートフォン又は利用者の特定につながる可能性がある情報ではありません。
  2. II.当協会が尋ねた個人に係る情報は、当協会のサービスのために必要なものに限られます。
  3. III.取得した個人に係る情報は、当協会のサービス向上のために利用することがあります。
  4. IV.当協会は利用規約違反や不正・不当な目的で利用される方の利用を断るため、電話番号等、個人を特定する情報を利用することがあります。
  5. V.当協会は個人に係る情報の販売・貸出しはしません。利用者の個人に係る情報については、注文データの項目として蓄積されます。別途利用者データとして管理することはありません。
  6. VI.本サービスは、資源エネルギー庁の平成25年度「省エネ型ロジスティクス等推進事業費補助金」の補助を受けて実施するものです。この国の事業においては、共通配車によるエネルギーの効率化、運営の効率化を検証します。この検証のために、タクシーの動態情報、お客さまの注文情報(注文番号、注文日時、お迎え先位置情報)を使用します。ただし、検証にあたっては、個人に係る情報(カナ氏名、電話番号)を使用することはありません。集計・統計処理化された情報のみを本補助事業の検証結果として、資源エネルギー庁へ提出・公開することがあります。
  7. VII.当協会は以下の場合、個人に係る情報を第三者に提供することがあります。
    • a.お客様にご連絡する目的で、当協会から配車依頼を受けた提携先が情報を必要とする場合
    • b.情報提供について利用者の同意がある場合。
    • c.裁判所の判決もしくは命令を受けた場合、又は警察等の公的機関から法令に基づき正式な照会を受けた場合。
    • d.利用者が法令や利用規約等に反し、第三者又は当協会の権利、財産、サービス等を保護すると認められる場合で、利用者の同意を得ることが困難な場合。
    • e.人の生命、身体及び財産等に差し迫った危険があり、緊急の必要性がある場合で、利用者の同意を得ることが困難な場合。
ボタン
無料で今すぐダウンロード!