string(1) "7"

勝山幸司さん|スマートクルーFile#003

2016年07月26日

「スマートクルー」第三弾となる今回は、江東区にある八洲自動車の勝山幸司さんです。爽やかな雰囲気が印象的な彼は京都府出身、前職は大型トラックドライバーをしていたという彼。なぜ東京で、なぜタクシードライバーをすることになったのか、その点から聞いてみました。

a4a94

―タクシー乗務員になったきっかけは?
前職は大型トラックのドライバーだったのですが、自分の時間がとりづらく、もっと自分の時間を有効に使える仕事、ということでタクシー乗務員を目指すこととなりました。

―でもなぜ地元ではなく、東京に??
やはり、マーケット的に見ると東京はずば抜けて良いところだと思ったからです。東京のタクシー会社で何社か面接を受けましたが、一番印象の良かった八洲自動車様に入社させていただくことになりました。

719

 ―実際、八洲自動車様に入社してどうでした? 
タクシーは未経験だったので、正直不安に思うところもありましたが、先輩が皆、優しくしてくれて、色々と教えてくれました。皆様の指導のおかげで都内中心部で仕事が出来るようになりました。得意エリアは渋谷です。「目指せ渋谷」をモットーに頑張ってます。

 ―タクシー乗務員をしていて嬉しかった出来事とかありますか?  
お客様から「ありがとう」、「がんばってね!」と言われることが一番嬉しいですね。それと、お客様から六本木にお食事に誘ってもらったこともありました。お客様から温かい言葉をいただくと、この仕事をやっていて良かったなと実感します。

664

 ―おお、素晴らしい!やはり、営業の基本は「接客、接遇」というわけですね。ところで、将来の目標などありますか?
どんな日でも6万円の営業をあげられるドライバーになりたいですね。それと、最終的には個人タクシーの開業を目指しています!

―隔日勤務で平均6万円の営業ができると・・・ざっくりした計算では年収500万円以上の収入になりますね。20代の半ばでこの年収を獲得できる人はかなり限られるのではないでしょうか。そしてその後は個人タクシー開業と、将来設計もばっちりですね。
はい、先ほども申し上げたように、京都から出てきて東京でタクシードライバーをやろうと思ったのも、やはりマーケットの大きさが段違いだということだったので、これからもこの東京で乗務員として頑張っていきたいと思います。

 ―最後に、オフの日の過ごし方について教えてください
音楽が好きなので、ライブハウスや野外フェスに行くことが多いですね。それと、都内観光(笑)東京は、どこに行っても楽しいですね。それと、京都から持ってきた愛車のフィアット500でのドライブも楽しみの一つです

―フィアット500というところに勝山さんのこだわりを感じますね。本日はどうもありがとうございました!

593

●PROFILE
 勝山幸司(かつやまこうじ)さん
八洲自動車株式会社
生年月日 1990年6月27日
血液型O型
身長168センチ 体重57キロ
タクシー乗務員歴 3ヶ月

ボタン
無料で今すぐダウンロード!